窒息の応急処置の仕方|愛知県岩倉市の歯医者|夫馬歯科クリニック

新型コロナウィルスの感染拡大防止について

  • 日本歯周病学会認定医
  • 駐車場・駐輪場完備

歯周病治療

  • ネット予約・お問い合せ
  • 名鉄犬山線 岩倉駅より徒歩1分
  • 0587-66-2550
  • 愛知県岩倉市栄町2-31

窒息の応急処置の仕方

投稿日:2023年12月22日

カテゴリ:お知らせ

そろそろ今年も終盤に差し掛かって参りました。皆さんはお正月にお餅は食べますか?

1月はお餅による窒息が起こりやすいため、今回は窒息の応急処置についてお話しします。

窒息が起きる際、喉のあたりを手で掴む動作が見られます。

緊急対応の流れ

①背部叩打法を行う

対象者の後ろから手のひらの付け根で、左右の肩甲骨の中間あたりを力強く何度も連続して叩く

②ハイムリック法を行う ※乳児や妊婦は実施不可

片方の手で握りこぶしを作り、みぞおちのやや下方に当て、その上をもう一方の手で握り、素早く手前上方に向けて圧迫するように突き上げる

③意識がない場合は一時救命処置として、胸部圧迫と人工呼吸を合わせた心肺蘇生と、気道の異物除去、AEDを用いた電気ショックを実践する

窒息事故が起きないように、安全によく噛んでお食事をしましょう。

 

トップへ戻る