なるべく抜かない治療|愛知県岩倉市の歯医者|夫馬歯科クリニック

新型コロナウィルスの感染拡大防止について

診療時間変更のお知らせ【2023年(令和5年)4月より】

  • 日本歯周病学会認定医
  • 駐車場・駐輪場完備

歯周病治療

  • ネット予約・お問い合せ
  • 名鉄犬山線 岩倉駅より徒歩1分
  • 0587-66-2550
  • 愛知県岩倉市栄町2-31

なるべく抜かない治療

天然歯の保存に努めたなるべく抜かない治療を心がけております

なるべく抜かない治療

夫馬歯科クリニックでは、できる限り歯を抜かないことをモットーに日々診療に取り組んでおります。歯を失う可能性の高い重度の虫歯・歯周病に対して様々な対策・取り組みを実施し、抜歯の回避に努めております。

拡大視野下での精密治療

拡大視野下での精密治療

虫歯や歯周病が重症化すると、歯を失う可能性が高くなります。歯科治療で再発率や将来的な抜歯リスクを軽減するためには、1つひとつの処置の精度がとても重要となります。夫馬歯科クリニックでは、虫歯治療(根管治療)や歯周病治療の際は歯科拡大鏡を使用し、細部の状態をきちんと目で確認しながら、精密な処置を実施いたします。

MTAセメントで神経の保護

MTAセメント

切削時に神経が露出したり、ドリルの刺激によって神経に炎症が起こったりした場合には、殺菌効果のあるMTAセメントで神経を保護する覆髄処置によって神経の保存を試みます。神経を抜かずに保存することによって、将来的な抜歯リスクを軽減できます。

根管治療時の細菌対策の徹底

ZOO

虫歯が重症化して歯の神経にまで細菌感染が及んだ場合は、根管治療によって症状の改善を図ります。虫歯は細菌の感染症ですので、根管治療を成功させるためには治療時の細菌対策が重要となります。当院では根管治療の際、ZOOという特殊なバキュームを使用し、細菌を含む唾液等が歯の内部に侵入しないよう、細菌対策を徹底しております。

歯根端切除術にも対応

歯根端切除術

歯根部分の細菌感染によって膿が溜まる根尖病変は、通常の根管治療では改善が難しいため、歯根端切除術という外科的な処置を実施いたします。歯根部分の歯茎を切開し、溜まった膿の摘出と細菌に感染した歯根を切除することで症状を改善します。

エクストルージョンの実施

エクストルージョン

度重なる虫歯治療によって、歯茎より上に歯質が残っていない場合は、かぶせ物が安定しないため、状態によっては抜歯となる可能性があります。そのような場合には、エクストルージョンという矯正処置により、歯茎より下にある歯を上に引っ張り上げ、かぶせ物との安定性を高めることによって抜歯の回避を試みます。

ヤグレーザーによる殺菌

ヤグレーザー

夫馬歯科クリニックの根管治療・歯周病治療では、必要に応じてネオジウムヤグレーザーを使用いたします。レーザー光には殺菌効果があるため、根管内や歯周ポケット内の殺菌によって症状の悪化防止、再発リスクの軽減が期待できます。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法

歯垢や歯石の蓄積によって歯周病が重症化すると、歯周組織に炎症が起こり、歯茎や歯槽骨(歯を支える骨)が溶かされてしまいます。歯槽骨が溶かされると、歯を支えられなくなるため、歯がグラグラと動き出し最終的に抜け落ちてしまいます。そのような場合は、リグロスを用いた歯周組織再生療法を実施します。リグロスは成長因子を含むタンパク質が主成分の薬剤です。リグロスで歯周組織の再生を促し、もう一度歯を支えられる状態にします。

歯周外科治療の実施

歯周外科治療の実施

歯周病が進行すると、歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)が深くなります。歯周ポケットが深くなると、内部の状態が視認しづらく、さらに器具が届かないことによって深部に付着した歯石を取り除くことが困難となるため、歯周外科治療を実施いたします。当該歯の歯茎を切開後、歯周ポケット内を露出させた状態で感染歯肉の切除と歯石を除去し、症状の改善を試みます。

愛知県岩倉市にてできるだけ歯を抜かない治療をご希望の方へ

できるだけ歯を抜かない治療

夫馬歯科クリニックでは、患者さまの大切な天然歯を虫歯や歯周病で失わないよう、症状や進行状態に適した処置を実施し、抜歯の回避に努めております。愛知県岩倉市にてできるだけ歯を抜かない治療をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る